タイムマシンに乗って神様と勘違いされるのは誰か?

過去のネタをほどよく掻き混ぜて、なおかつハッピーエンドで終わるようなストーリーや、笑い話で終わるストーリーがうけているわけだが、どれもこれも過去の思い出に頼りすぎじゃないか。

タイムマシンができたらなあ、とか性別が入れ替えられたらなあとか、若さが手に入ったらとか、どれこもこれも国家という枠があったら、それを仕切るのは国でしょ、政治家でしょ、資本家でしょ。

そんな気軽に過去に戻れるわけもなく、気軽にカラダを入れ替えられるわけもなく……。

時間旅行なんて、庶民のおもちゃになるのはいつのことか。

道具ができたらスグ使えるようになっているとおもうのも、おろかしい。

と、思うんですけれどね。

最初に過去に行った人が、現地で神様と勘違いされてて崇められるかもしれない。

ああ、それって政治家、資本家? 

The following two tabs change content below.
Furuching

Furuching

屋号:カチくる。WEBと紙のメディアで編集と執筆をしております。Youtubeは編集なし。主にクルマネタ。地質ネタも好物、チバニア〜ン! 福祉車両取扱士 Age 40er. [Ku6c]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。