自転車レーンってせめて2車線にならないものか……。

最終的には、自転車って交通における種別が多すぎて周囲は瞬時に判断するのが難しいよねという話です。

写真の私はママチャリライダー。
国道4号線から言問通りに二段階右折しまっせ。
めんどくさいと降りて、自転車押して歩行者になります(笑

さて、前の自転車は写真右手から二段階右折してきたわけではなく、わたしの後ろから追い抜いてあそこに停止。バイクは元からそこに停止。
いずれも停止線オーバーね。

違反と危険を天秤にかけて立ち位置を選択するのはまあ個人の判断に任せる。
法律は使いやすく変えていくものだし。

イチバン人や他車と接触する可能性がある交差点がカオスってなかなかよね、世の交通事情。

ちなみに園児送迎の園児非乗車時は普通の自転車になるので、子供乗せ自転車でも車道でしょ。

もはや大通りでは車道の端に自転車車線が3車線くらいかいるんじゃないか(笑

そういう意味では歩道自由自在の高齢者の園児送迎自転車が最強だなあ。

話が横道にそれまくった(笑

でも自転車って、乗車形態や車体などで交通の中での種別が多様すぎて、瞬時に判断って難しいよね。

さっきまで歩道を走っていたおじいちゃんと思われる自転車が車道に出てきてまた戻ったり、かといっておっさんだから歩道には入らんだろうという人が上がってきて、側道から出るクルマの動きを封じたり、おっさんだから、クルマのルールで一旦停止すると思った自転車がそのまま進んできたり、おっさんだから一通逆走してきてる自転車が左側通行してると思ったら、進路変更して右側走行し始めたり。ちゃんと車道走ってるじゃん! と思ったら手信号で停車して降りて歩道渡り始めたり……あ、それはおっさんの私ね。

あー、原因はおっさんか大概(笑

という話。

The following two tabs change content below.
Furuching

Furuching

屋号:カチくる。WEBと紙のメディアで編集と執筆をしております。Youtubeは編集なし。主にクルマネタ。地質ネタも好物、チバニア〜ン! 福祉車両取扱士 Age 40er. [Ku6c]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。