いつもいつのまにか先頭を走っているドライバーに耳寄りかもしれない機能を妄想してみた

プリクラッシュセーフティシステムの一環で、前のクルマに近づきすぎると警告音が鳴ったりする機能がある。

また、スバルのアイサイトのように、前のクルマが発進して自車が発進しない場合、知らせてくれる機能もある。

スバルの先行車発進のお知らせ機能

スバル・サンバーの先行車発進のお知らせ機能

それならば、ある程度の距離、定速で走っていて、前走車との車間が空きすぎたら、やんわり教えてくれるベルなどがあっても良いかもしれない。

そうすると、流れに乗れず、いつも気がつくといつのまにか、前を走っていたクルマは遥か遠くにいなくなって、列の先頭になっているみたいなクルマのドライバーは運転がラクになるかも。

なんとなれば、昔のトヨタの100km/h越えのキンコンベルみたいな音色でも、はたまた声優さんの声で「アクセル踏め」「流れに乗れてないよ〜」とかでも良いし。

そんなドライバーのクルマには、アダプティブクルーズコントロールが装備されれば解決するかというとそうでもなく、結局、ほかに定速を維持できないクルマを間に挟むと、全体が脈動してしまうので、速度維持という意味ではいまの速度や、周囲のクルマとの相対速度を意識できるツールがあるのは良いかもしれないと思った次第。

これなら古いクルマにも後付け装置としてアドオンできそうだし。

F.NorioDESIGN Inc. #カチくる #古川教夫
http://kachikuru.com/

The following two tabs change content below.
Furuching

Furuching

屋号:カチくる。WEBと紙のメディアで編集と執筆をしております。Youtubeは編集なし。主にクルマネタ。地質ネタも好物、チバニア〜ン! 福祉車両取扱士 Age 40er. [Ku6c]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。