ロータリーエンジンの父。僕らのトラクション

2017年12月20日、ロータリー50周年である年の瀬、マツダのロータリー開発の祖であり、元社長である山本健一氏が亡くなられたとの一報。

謹んでお悔やみ申し上げます。

25日にその一報がニュースとして流れ、年末のいろいろの中、こなさねばならないものもあるが、やはり少し書いておかないと進まない気持ちもあり、書いてみることにする。

1999年から2009年まで、私達が制作していたRX-7Magazineは、チューニング&カスタマイズを主とした媒体。
新型が登場した時、そしてメカニズムをエンジニア諸氏にうかがいたい時くらいしか、マツダ本社に出向かないという薄情な媒体だった。
そんなこともあり、正直、山本健一さんにお話をうかがえるようなものでもないと、コメントをいただくくらいで、積極的にお会いするような企画を作れずにいたことが、悔やまれる。

いずれ機会をもってお話させていただければ、とは思っていたが、じゃあ何を訊くんだ? という気持ちがあったのも本音だ。

まあそういうものだ。と思えば、そうだが、こういう時はそうは思えないところもあるのが、人間だ。

ただ、ひとつ言えるだろうことは、私達、いや僕らはみな、山本健一さんの推進力があってこそ、いまもマツダの作ったロータリーエンジンを楽しめているということ。

その開発者魂、経営者としての懐深さ、そしてエンジニアリングそのものを愛し、信頼する心。
そこで生まれ育ったロータリーエンジンとスポーツカーたち。

山本健一さんへ敬意を表します。

「飽くなき挑戦」、そのトラクションは、永遠に僕らの心に。

F.NorioDESIGN Inc. #カチくる #古川教夫
http://kachikuru.com/

The following two tabs change content below.
Furuching

Furuching

屋号:カチくる。WEBと紙のメディアで編集と執筆をしております。Youtubeは編集なし。主にクルマネタ。地質ネタも好物、チバニア〜ン! 福祉車両取扱士 Age 40er. [Ku6c]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。